ライブチャットの小技はコチラ

コラーゲンサプリは授乳中や妊娠中に飲んでも大丈夫かどうか調べてみました。副作用は安全性に注意して、コラーゲンを飲むようにしましょう。

授乳中・妊娠中のコラーゲンサプリは大丈夫?副作用・安全性まとめ

コラーゲンサプリって授乳中とか妊娠中に飲んでも大丈夫なの?

コラーゲンサプリ 授乳中授乳中や妊娠中にコラーゲンサプリを飲んでも大丈夫なのでしょうか?

つい先日、子供を出産したばかりの30歳の新米ママです。
息子を出産してから一気に肌があれてしまって困っています。

妊娠・出産にともない女性ホルモンのバランスが乱れてしまって体調を崩してしまう人は多いそうです。
出産後に薄毛に悩む女性は多いそうですが、私の場合、薄毛ではなく肌荒れに来てしまったみたいです。

赤ちゃんがお腹にいる妊娠中はそんなに肌荒れしていなかったのですが、出産後一気に肌が荒れるようになってしまいました。
もともと肌は強い方ではなくて若い頃からニキビとかそばかすにも悩まされたし、ちょっと体調を崩してしまうと肌が赤く炎症してしまう感じでした・・・。
たぶん、ホルモンバランスが乱れやすかったり、免疫のバランスを崩してしまいがちの体質なのだと思います。
妊娠中は肌荒れはなかったので大丈夫かと思っていたら、出産して一気に荒れてきた感じです。

私の周りのママ友も出産後に肌荒れしたり抜け毛が増えたといって悩んでいる人は多いです。
そんなママ友の1人に教えてもらったのですが、出産後の肌荒れにはコラーゲンを飲むといいのだとか。
肌はコラーゲンというたんぱく質で出来ているので、肌荒れには肌の材料となるコラーゲンを飲むのが大事なのだそうです。
コラーゲンを補給するにはサプリやドリンクなど、いろいろなものがあるそうです。
 

授乳中や妊娠中にコラーゲンを飲んでも赤ちゃんに影響はないの?

コラーゲンサプリ 授乳中
ただ、ちょっと心配だなと思ったのは授乳中に飲んでも大丈夫なの?ということ。

私は生後3ヶ月の赤ちゃんを基本的に母乳で育てています。
極力ミルクではなく母乳で育てたいと思っているのですが、授乳中にコラーゲンサプリやコラーゲンドリンクを飲んで、赤ちゃんに影響はないのでしょうか??
授乳中って、母親が食べたものが母乳中に含まれる場合もあるので、食べるものにすごく気を使いますよね。
薬とかは本当に気をつけないといけないし、アルコールとかコーヒーなどのカフェインも授乳中はNGです。
それだけではなく極端に辛いものとか、お菓子とか脂肪分が多いものもダメだそうです。
私は大のコーヒー好きなのですが、この間、コーヒーを飲んだあとに息子に授乳したら、カフェインで覚醒?されちゃったのか、目がギンギンになって全然眠ってくれずに夜中泣き叫んでいました・・・。
本当にかわいそうなことをしたなって反省しています・・・。
それからはコーヒーはカフェインレスのものを1日1杯程度で我慢するようにしています。

私だけではなく、授乳中のママは自分の口の中にいれるものについて相当気を使っていますね。
肌荒れはなんとかしたいとは思うものの、授乳中に飲んで赤ちゃんに影響はないのか気になってしまいます。

ということで、授乳中にコラーゲンを飲んでも大丈夫なのかについて調べてみました。
怖い副作用などはないのか、安全性について調べてみたのでまとめてみました。

私は授乳中の安全性に興味がありますが、妊娠中の安全性を知りたいと思う人もいると思うので妊娠中にコラーゲンを飲んでもよいのかもついでに調べてみました。

コラーゲンは授乳中や妊娠中に飲んでも問題なさそう

018.jpg

いろいろと調べた結果、結論からいうとコラーゲンは授乳中や妊娠中に飲んでもたぶん大丈夫っぽいです。

というのは、そもそもコラーゲンというのは人間の体の中の成分なので授乳中や妊娠中に飲んでも安全ということです。
もともと身体の中にある成分なので、それを口から飲んだところで何か悪さをするっていうことは考えにくいそうです。

といっても、もちろんコラーゲンを大量に飲んだり食べたりすると思わぬ副作用が発現する可能性も否定できないそうなので注意が必要とのことです。
これは別に当たり前の話でコラーゲンに限ったことではなく、何でも過剰摂取は副作用の危険があります。
人間の体の中にもあって自然界に普遍的に存在する水でさえ、大量に飲むと水中毒という副作用が発生するそうです。
コラーゲンに限らず、また授乳中や妊娠中にかかわらず、過剰摂取は危険ということですね。

 

授乳中・妊娠中のコラーゲン摂取の安全性のエビデンスがない


授乳中や妊娠中にコラーゲンを飲んでも「たぶん大丈夫」であって、「絶対に大丈夫」とはいえないのは科学的なエビデンスがないということのようです。
エビデンスというのは証拠という意味で、完全な安全性は証明されてはいないということのようです。
授乳中や妊娠中にコラーゲンを飲んでもとくに副作用や健康被害は報告されていないものの、安全性を検証する臨床試験が実施されたわけではないので、科学的にはわからないというのが真実のようです。

安全性が科学的に証明されていないというとちょっと不安になりますが、実際のところ、授乳中・妊娠中のママの多くがコラーゲンを飲んでいるみたいです。
実際、私のママ友もコラーゲンサプリやコラーゲンドリンクを飲んでいますが、授乳中の赤ちゃんはピンピンしています(笑)
なので、そこまで神経質になる必要はないのかなというのが正直なところです。

 

授乳中・妊娠中OKかどうかはメーカーによる

031.jpg
実際、授乳中・妊娠中に飲んでもOKかどうかは、それぞれのコラーゲンサプリやコラーゲンドリンクの製品ごとにメーカーが自主的に表示しているみたいです。
同じコラーゲンサプリでも「授乳中・妊娠中OK」のところもあれば「医師に相談してください」みたいな説明のところもあるようですね。
結局、コラーゲン自体について授乳中や妊娠中に飲んでも安全かどうかの医学的な証明はないので、角メーカーごとの判断になっているというのが実情のようです。

実際問題としてはコラーゲンは授乳中・妊娠中に飲んでも大丈夫っぽいのですが、安全性が証明されているわけではないので、メーカーとしては念のため「医師に相談してください」と書いているところが多いというのが実情のようです。
要するに責任を持って「飲んでもOK」とは言いづらいので、医師に責任をなすりつけているということでしょうか^^;
 

コラーゲンの一番の副作用はアレルギーショック


これは授乳中・妊娠中に限った話ではないのですが、コラーゲンで一番心配すべき副作用はアレルギーショックということです。

アレルギーショックの中でも怖いのがアナフィラキシーショックというもので、意識消失、呼吸抑制などが出てきて命にかかわる副作用のようです。
とはいえ、普通のコラーゲンサプリでアナフィラキシーショックが出たという報告もほとんど聞いたことがないので、そんなに心配する必要はないのかなと思います。

コラーゲンにもいろいろな種類があって、豚のコラーゲン、鳥のコラーゲン、すっぽんのコラーゲンとありますが、ちょっとだけ心配なのは鳥のコラーゲンのようです。
アナフィラキシーショックまではいかないものの、鳥コラーゲンでアレルギーが出たという副作用があるみたいなので、コラーゲンサプリは鳥以外の豚やすっぽんのものを選んだほうがいいかもしれません。
コラーゲンサプリと一口に言っても、いろいろな種類があるようなので自分に合ったものを選ぶことが大事ということですね。

コラーゲンサプリはコラーゲンよりも添加物に注意

039.jpg

コラーゲン自体はもともと人間の体の中にあるもなので、基本的に授乳中や妊娠中に飲んでも大丈夫みたいです。

でも、コラーゲンサプリの安全性については、実はコラーゲンそのものよりも、サプリの中に含まれている添加物の方に注意したほうがいいのだとか。
一般的にサプリメントの中には有効成分以外にも、いろいろな添加物が入っています。
カプセルの素材や、サプリメントの形をつくる賦形剤、色をつける着色料、防腐剤、抗酸化剤などいろいろなものが入っています。
いくらコラーゲン自体は安全で授乳中、妊娠中に飲んでも安心だといっても、コラーゲン以外に含まれている添加物が危険なものだったら意味がないですよね・・・。
授乳中や妊娠中にコラーゲンサプリを飲む場合は、コラーゲン自体よりもむしろ添加物に気をつけた方がいいようです。

コラーゲンサプリもいろいろな会社からいろいろなものが出ていますが、中に含まれている添加物もいろいろです。
コラーゲン自体の問題というよりは添加物の問題で、コラーゲンサプリの中には授乳中や妊娠中に飲まないほうがいいものもあるみたいです。
どんな添加物が入っているかどうかは、そのコラーゲンサプリの成分一覧で確認できるはずです。

成分一覧の中に授乳中や妊娠中に悪影響を与えるような添加物が含まれていないかを確認するようにしましょう。
もしも授乳中や妊娠中に飲んでいいものかどうか分からないという場合は、最低限、そのコラーゲンサプリの注意書きをチェックするようにしましょう。
もしも、授乳中や妊娠中に飲んでまずいような添加物が含まれている場合には、そのように書かれているはずです。
逆に全成分を公開していなかったり、注意書きがきちんと表示されていないようなコラーゲンサプリは授乳中や妊娠中に飲まないほうが無難かもしれませんね。

コラーゲンは授乳中や妊娠中に飲んでも大丈夫そうですが、念のため添加物に注意して、自分に合ったコラーゲンサプリを選ぶとよいですね♪